BMW R NINE T Racer の450kmソロツーリングインプレ!海鮮丼を目指したカフェレーサー:三重県 尾鷲市&クシタニカフェ 針テラス店




ジョージマンです。

 

いやぁ
BMW R NINE T Racer
かっこいいですよね!

ラッキーな事に
このかっこいいバイクを
しばらく貸して頂ける事に
なったので、
インプレッションを
レポートしたいと思います!

f:id:kokubu_ou:20180312113614j:plain

【目次】

まさしくレーサーなポジション

まずこのバイクにまたがって気付くのは
そのレーシーなポジション。

低くて遠い位置にあるハンドルを握ると
60年代のレーサーや
それを模したカフェレーサーが
そうであるように、
かなりの前傾姿勢になります。

しかし、カスタムすることによって
造られたカフェレーサーとは違い、
ステップの位置が絶妙で
『攻める』が可能なポジションです。

f:id:kokubu_ou:20180312120617j:plain

 

足つき性は悪くはなく
身長176cmの私は両足が
べったり着きました。

f:id:kokubu_ou:20180312120847j:plain

 

ただ、最近のSSと比べても
ハンドルが遠い位置にあるので
小柄な方や長距離ツーリング時には
キツいポジションです。

ハンドルを絞ったりすることで
ポジションを改善したいところですが
トップブリッジ端にハンドルが
固定されている為、
調整はできません。

f:id:kokubu_ou:20180312125056j:plain

 

ボクサーツインの強い主張

BMWのボクサーツインエンジンは
かなり個性の強いエンジンです。

その主張はエンジンをかけた直後、
車体をブルッと揺さぶる事から
はじまります。

BMWのボクサーツインは
クランクシャフトが縦方向なので
その回転の影響を受けて
車体が一瞬右へ傾く動きをします。

これはもちろん走行中もそうで
ブリッピングや
シフトダウンの時に
クランクの回転が上がると
右へ傾きます。

正直、慣れるまではビビりますw

f:id:kokubu_ou:20180312124128j:plain

 

街乗りは渋滞に注意

街乗りは足つきの良さと、
素直なハンドリングで概ね良好。

交差点での低速コーナーリングも
非常に安定して曲がれます。

これは、
ボクサーエンジンの特徴である
低重心と滑らかなトルク発生の
おかげでしょう。

渋滞のすり抜けも
慣れるまではエンジンヘッドを
縁石や車にぶつけないかと
ヒヤヒヤしましたが、
思ったよりも高い位置にあるので
車幅感覚を覚えれば
どうって事はないです。

但し、
身動きがとれないような
渋滞にハマると、
エンジンヘッドからの熱で
つま先が非常に熱くなりました。

f:id:kokubu_ou:20180312130756j:plain

 

峠道にはピッタリなバイクだった

まずは大和高田バイパス(国道165号)から
吉野方面を目指しました。
アップダウンもあまりなく
気持ちよく走れる峠道です。

途中にある
道の駅 杉の湯川上
道の駅 吉野路 上北山
にも温泉があって
たのしいツーリングルートです。

f:id:kokubu_ou:20180312132333j:plain

 

回転を上げると右へ傾く特性があるので
慎重に峠道に入りましたが
急なアクションをしない限り
車体は非常に安定していました。

しかも安定感だけではなく
ヒラリヒラリと
思った方向へ頭を向けてくれます。

シフトチェンジさえ
早めに済ませておけば
車体が暴れることはありません。

少々のクセはあるものの
コーナー侵入はスッと入れて、
侵入後は粘りを効かせて自由自在
速く走ってもゆっくり走っても
安心感があって非常に楽しいです。

ただ、
走る分にはサスペンションの
硬さは気にならないのですが、
ギャップに乗った時などの
突き上げるようなショックは
大きいです。

気を緩めていると
ドカっ!と道路からのパンチを
くらう事になります。

f:id:kokubu_ou:20180312133327j:plain

 

きなりの湯に到着。
この時点で腰や腕が非常に疲れました。

腰をいたわるように
腰を起こそうとすると
腕が真っすぐになり、
腕をいたわるように曲げると
前傾になって腰が痛みます。

バイクを一旦降りて
体を伸ばすしか方法がありません。

今回は温泉が目的ではないので
缶コーヒーで休憩だけします。

f:id:kokubu_ou:20180312134513j:plain

 

ここからもう一山越えて
三重県尾鷲市にある
道の駅「 おわせ魚いちばおとと」
を目指します。

 

ここからも非常に走りやすい峠道。
たまに鹿や猿が道路に出てきますので
注意して走りましょう。

f:id:kokubu_ou:20180312135814j:plain

 

到着です。

腕の腰の痛みに耐え、
途中の道の駅やコンビニでの
食事をグッ!とこらえて
ここまで来た理由があります。
そう!新鮮なお魚を使った海鮮丼です!

f:id:kokubu_ou:20180312140611j:plain

 

疲れを癒す至福の地魚丼

この道の駅
おわせ魚いちばおととでは
伊勢湾の漁港で水揚げされた
とれたての魚や魚介類を
買う事ができます。

f:id:kokubu_ou:20180312141042j:plain

 

奥へ進むと食堂があり
ここで新鮮な魚を使った料理を
食べることもできます。

列に並んで冷蔵庫や棚から
総菜をとるセルフスタイルです。

f:id:kokubu_ou:20180312141434j:plain

f:id:kokubu_ou:20180312141503j:plain

 

ごはんや丼物は
レジの直前で注文します。

中でもオススメは
日替わりの地魚丼
コスパが非常に高いです!

この日の内容は

  • 天然タイ
  • ブリ
  • タチウオ
  • 赤カマス

タチウオはあしが早いので
お刺身にできるのは
とれたてだけなんですよ!

f:id:kokubu_ou:20180312141617j:plain

 

寒かったのでみそ汁も注文。

f:id:kokubu_ou:20180312141708j:plain

 

番号をもらってしばらく待つと
じゃーん!来ました!

f:id:kokubu_ou:20180312142037j:plain

 

キレイな色をした身です!
もちろんとれたてのプリプリ!

f:id:kokubu_ou:20180312142114j:plain

f:id:kokubu_ou:20180312142159j:plain

 

みそ汁も魚の身がゴロゴロ
うめぇ~っ!!

f:id:kokubu_ou:20180312142442j:plain

 

快適!とは言えない高速道路

帰りはほとんど高速道路を使います。
紀勢自動車道の無料区間を北上して
伊勢自動車道に入り、
名阪国道へ向かいます。

 

高速道路での走行は
前傾姿勢に加えて、
カウルがあるので
風による疲労感は少ないです。

f:id:kokubu_ou:20180312145700j:plain

 

ただやはり、
基本的に姿勢を変えることが
できないので
長時間の走行は
腰や腕がキツイです。

腰や腕を伸ばすための
こまめな休憩が必要でした。

また、峠道のところで書いたように
道路からの突き上げが結構あります。
ハンドルをとられるような事は
ありませんが、
不意をつれると
体へのダメージが大きいです。

 

奥伊勢PAで休憩。

f:id:kokubu_ou:20180312145556j:plain

 

伊賀ドライブインで休憩。

f:id:kokubu_ou:20180312145938j:plain

 

カフェレーサーだからカフェに行こう

そして最後に
いつもの道の駅
針T.R.S に到着。

f:id:kokubu_ou:20180322132224j:plain

 

せっかくかっこいいカフェレーサーに
乗って来たんだから、
カフェでコーヒーを飲もう!

ってことで針T.R.S内にある
クシタニカフェへ

f:id:kokubu_ou:20180312151416j:plain

 

中はカフェのスペースと
クシタニ製品のショップに
なっています。

オッシャレ~

f:id:kokubu_ou:20180312151626j:plain

f:id:kokubu_ou:20180312154050j:plain

 

カフェから見える柱には
ロードレース世界選手権
500ccクラス
1987年チャンピオン
ワイン・ガードナー
のつなぎが展示されています。

f:id:kokubu_ou:20180312151641j:plain

 

ホットドッグとラージコーヒーの
お得セット(¥1000)を注文。

ゆでたてのソーセージを使ったホットドッグも
淹れたてのエスプレッソも
本格的な味わいで
疲れた体と胃袋にしみわたります。

はぁ~おいしい。

f:id:kokubu_ou:20180312152456j:plain

 

なんだかんだで
家に到着するころには
450kmもの道のりを
1日で走っていました。

f:id:kokubu_ou:20180312153141j:plain

 

今回はインプレということで
あちこち乗り回してみましたが、
BMW R NINE T Racerは
NSR250Rのように
週末の峠を楽しむ為に使うのが
いちばん向いていそうです。

戦闘力は想像以上に高く
乗りこなせばハイペースで
峠を走り抜ける事が
可能だと思います。

逆にゆっくり走っていても
安定感が強く
雰囲気だけを楽しみたい。
という人でも楽しめます。

SSやNSRの様なバイクでは
絶対に出せない大人の雰囲気で
峠を楽しく走るなら
超オススメの1台だと思います!

 

貸していただいたKさん
本当にありがとうございました!

 

【関連記事】

www.ride-write.com

www.ride-write.com

Follow me!