【心霊?】中国のタクシーが謎の光る霧の様なものに襲撃を受けてあわや事故に【幽霊タクシー】




タクシーに乗り込んだ謎の光る霧の様なものは霊なのか?

ここに一本の動画がある
動画は上海のとあるタクシーが夜道を走行しているのを
後方を走る車がドライブレコーダで撮影したものだ

 

 

今回はこの動画を細かく見ていく事にしよう

暇だからな!

f:id:oremoyan:20180320180510p:plain

詳細は不明だが、中国は上海のタクシーに
幽霊が乗り込む瞬間が撮影されたという事らしい

映像を見ると、タクシーの後方を走っている車の
ドライブレコーダーの映像のようで、多少画像が荒いので残念であるが
ボンヤリとではあるが、霊がタクシーに乗り込む瞬間は写っている

f:id:oremoyan:20180320181048p:plain

曲がりくねった道を抜けて、直線道路に入った時に事件は起こった
突然、タクシーの左側の歩道に霧のようなボンヤリとした
光が現れたかと思うと

f:id:oremoyan:20180320181158p:plain

まるで、吸い込まれるかのように
光る霧のようなものはタクシーの後部座席へと入っていく

f:id:oremoyan:20180320181323p:plain

光る霧がタクシー内へと入り終わると
タクシーは一瞬フラフラとなり
路肩の木にぶつかり、あやわ事故になりかける

運転手の話によれば

「突然後部座席に、何者かが乗り込んで来たので驚いてしまった」

そうだ。

さらに乗り込んで来た何者かは

「路肩に止めろ」

と指示を出したという

確かに映像を見ると後部座席に何者かが入り込んでいるのであろう事は
確認できる

f:id:oremoyan:20180320181826p:plain

問題は、このタクシーに入り込んだ霧のような何者かが
一体なんの目的があってタクシーに乗り込んだのか?
である

ここで一旦、この映像からわかる事を整理してみよう

タクシー運転手の話は聴けているのに
運転手本人が名乗りをあげていないのは、この手の事件ではよくある事だ

理由は、社会的な問題などがあり
嘘つき呼ばわりされる事や、頭のおかしな奴と思われる事

さらに後述するが、政府による拉致の危険性などもある

光る霧のようなモノについては
走行する物体に入りこめるスピードで移動できる

閉じている窓に入りこめる能力を持っている

パニックにより蛇行運転をするタクシーの運転手に
「路肩に車を止めろ」
と的確な指示を与えれる能力を持っている事

何より、なんのためにタクシーに乗り込んだのがは不明だが
運転手に何かを伝えようとしている意図が感じられる

映像を投稿した者の説明によれば

霊の仕業

との説明だが

果たして、本当に霊の仕業なのだろうか?

あくまで、ここからは私個人の解釈なのだが
ある事件を一つ思い出す

その事件とは
2004年オランダのフーベンで撮影された
驚くべき写真だ

当ブログをいつもご覧の超怒天才のレディース&ジェントルメンなら
もうお気づきだろうが

f:id:oremoyan:20180320183758j:plain

事件は2004年5月オランダのフーベンに住む
ロバート・ヴァン・デン・ブルーク氏の家で起こった

初めは霧のようなモノが家の中を漂っていたそうなのだが
しばらくすると、なんとなく人の様な形になって来たというのだ

驚いたロバート氏は急いでカメラのシャッターをきった
すると、上の写真の様な

それはまるで、リトルグレイと言われる宇宙人にそっくり
何かであった

この霧のリトルグレイの写真が出回るや否や

「幽霊エイリアンだ!」
「エンティティリトルグレイだ!」

と話題になったので、ご存知の方も多いだろう

そう、実は私は、今回の幽霊タクシー乗車事件の犯人は

幽霊エイリアン、エンティティリトルグレイではないかと睨んでいる

とい、いうのも実は中国では2005年ごろから空飛ぶ未確認物体が
数多く発見されており

中国共産党でも秘密裏に未確認飛行物体の情報を収集しているとの
噂がある

現代の地球上の科学力を超える技術を持った謎の飛行物体の
技術を転用することができれば

世界制覇を目論む中国はアメリカやロシアと肩を並べる
いや、もしかすると中国一国で
アメリカ、ロシアといった軍事二大大国超える軍事力が手に入る訳である

となると、今回の光る謎の霧の様な何かと超接近遭遇してしまった
タクシー運転手が誰なのか判ってしまうと大変なことになってしまう

当然、当局からの過酷な情報収集的なものがある事は
簡単に想像できる

このブログの最初の方に書いているが

タクシー運転手が名乗りを上げない理由の一つだ

知らんけど

 

 

Follow me!