火星文明の滅亡の痕跡なのか!キュリオシティが火星人の頭部の残骸を撮影していたと話題に!!




火星探査ローバー”キュリオシティ”が火星人の頭部のミイラを撮影していた!

 

2018年4月12日
火星の無人探査ローバー”キュリオシティ”が
火星人の頭部と思われる残骸を調査、撮影していたとして
話題になっている

f:id:oremoyan:20180423154140j:plain

キュリオシティといえば、これまでにも

 

火星で謎の怪発光を捉えたり

f:id:oremoyan:20180423154543j:plain

(指先の小さな光)

 

何かの卵のようなものを発見したり

f:id:oremoyan:20180423154836j:plain

ゾルタクスゼイアンの卵と話題になった)

 

機関銃を撃つエイリアンの撮影に成功したり

 

などなど、我々の知られざる火星の秘密を発見してくれた

そして今回は、さらにはっきりとした

火星人のものと思しき頭部を発見し調査、撮影に成功している

無論、この火星人の頭部と思しき頭部の詳細については
NASAはいつも通り回答を控えている

それでは、その火星人の頭部を思しきモノを
調査、撮影しているキュリオシティの動画をご覧いただこう

その動画がコレだ

👇

 

 

どうだろう、画面左下のおっちゃん(スコット・C・ワーリング氏)が詳しく解説してくれているので
大変わかりやすく

疑いようのないくらい

火星人の頭部

である。

もし

「ちょっと火星人の頭部には見えないな」

と言う方がいらっしゃるなら、是非とも
火星人の頭部だと思い込んでもう一度ご覧いただきたい

どうだろう?
火星人の頭部にしか見えないはずだ

一応、頭部がどのようになっているのかわかりやすいように

写真に線を引いてみたので参考にしてもらいたい

f:id:oremoyan:20180423160803p:plain

線を引いて輪郭などをなぞって見ると
さらに頭部の残骸にしか見えない

コレは間違いなく頭部の残骸だろう

UFO研究家のスコット・ワーリング氏によると

「この宇宙人(火星人)の頭部のミイラは、火星文明が終焉を迎えた
数千年前のモノと思われる。
宇宙人(火星人)のDNAは我々人類の二重螺旋ではなく、三重螺旋構造でできているので、風化せず数千年経った現在でも、その形を残しているものと思われる」

と語っている。

確かに、我々人類が死後、その辺に放置されれば風化してしまい
骨すら残らず風化してしまう

たとえ、骨が残っていたとしても、かなりボロボロの状態になってしまう

人類と宇宙人(火星人)のDNA構造が違うなら人類のように
風化せず、死後も特別な施術をせずとも

原型を止めることも可能かもしれない

ワーリング博士の言うことは実にもっともな話なのである

さらにワーリング氏は

「この頭蓋骨の宇宙人は非常に苦しんで死んだような顔をしているように思える」

とも語っている

と、言うことは

先ほど紹介した

機関銃を撃つエイリアン

f:id:oremoyan:20180423162050p:plain

も実はミイラであり
今回キュリオシティ が発見した火星人の頭部の人物(?)と

戦闘状態にあったのではないか?

そして、頭部ミイラの火星人は、撃たれて戦死した兵士だったのではないか?

と想像できる

その証拠にキュリオシティ は

砲弾のような物の撮影にまで成功している

f:id:oremoyan:20180423163352j:plain

「超科学力をもつ火星人が鉄球の砲弾かよ!」

と、もしかしたら、そう思った方もいるかもしれないが

レーザー光線などが主武器の時代において
このような古典的武器というのは、非常に有効な武器になり得る

SAS(英国特殊空挺部隊)のサバイバル教官でもあった
平賀・キートン氏によると

「風向きなど、ある条件が揃えば拳銃などより投石器のような昔の武器の方が
有効的な場合もある」

という話も聞いたことがあるが

レーザーのような光学兵器は、レーザーの壁を作ることで
その攻撃力を減衰、防ぐことは可能なのだが

レーザーの壁で鉄球のような光学兵器でないものは防げない

つまり、投石のような攻撃は
遠方からレーザーバリア発生装置の制圧に非常に役立つ武器であったりするのだ

さらに、今度はキュリオシティの動きに注目だ

キュリオシティは調査プログラムにより自動的に火星を調査している

そして火星人の頭部ミイラを発見したキュリオシティは
まるでプログラムされたかのように丹念に頭部ミイラを
調査しているのだ

コレは、まるであらかじめ

「火星人の痕跡が見つかれば、丹念に調査しろ」

とプログラムされたかのような動きだとは言えないだろうか?

と、するとアメリカNASAはキュリオシティが火星に降り立った

2004年以前から火星人の存在を知っていた事になると言えるのではないか?

スペースX社の火星移住などの話が進む中

一体、アメリカは火星についてどれほどの情報を知り得ているのだろうか?

知らんけど 

参考サイト

UFO SIGHTINGS DAILY: Alien Face Examined By NASA Curiosity Rover Close Up Today, April 12, 2018, UFO Sighting News. Video.

 

 

【広告】

宇宙に行くならスペースX
海外行くなら

Follow me!