レンタルバイクで「転倒事故」したら修理代がスゴイ!?保険の適用は?【マイガレ倶楽部】




ジョージマンです。

先日、プログにもアップした通り
XSR900をレンタルして
インプレ、ツーリングをしました。

そのツーリングの帰り道・・・
ド派手に転んでしまいました。

転倒時のカメラ映像です【閲覧注意】▼

 

なぜバイクは転倒したか?

プライバシー保護の関係上
動画を短く小さくしたせいもありますが、
何もないのに突然バイクが
ひっくり返っているように見えますね。

もちろん何も原因がないのに
バイクがひっくり返るようなことは
ありません。

この事故の直前、
目の前の信号は赤でした。
交差点までは距離がありましたが、
私は赤信号が見えていたので
手前で減速をはじめ、
ゆっくりと交差点へ。

しかし、
停止線までたどり着く前に
信号は青信号に

目の前はオールグリーン
誰もいません。
XSR900の強烈な加速を
試してみようと
低速状態から
イッキにアクセルオン!

XSR900は
フラットにトルク発生させながら
トラクションコントロールを効かせ
グイグイ地面を蹴ります!

空に向かって・・・

つまり、
ウィリーバックドロップ
です。

減速状態からの急激なアクセルオン。
これは、
フロントフォークの伸縮を利用した
ウィリー発生アクションです。

リアブレーキを踏めば
ウィリー状態でもバイクは
フロントを下げてくれますが、
普段乗り慣れていない
バイクだったせいか、
とっさにリアブレーキを
踏むことができませんでした。

 

XSR900損傷具合

とりあえず走行することは
可能だったので、
広い駐車場のあるコンビニへ
移動しました。

損傷個所を確認します。

まずはリアまわり

テールランプ
リアフェンダー
ナンバープレート

かなり引きずったようです。

 

転倒後右へ倒れたので

マフラー
クランクケースカバー
ブレーキペダル

さらに

バーエンド
プレーキレバー
タンクカバー

これは修理代がヤバそうです・・・

 

走行不能時はレッカー移動

レンタル819、マイガレ倶楽部には
レンタル時に
ロードサービスがついています。

動けなくなった場合や
保管部品が壊れて
走行するのが危険な場合は
レッカーサービスで
運んでもらうことができます。

今回はテールランプが
損傷してしまって、
そのまま走るのは危険だったので
レッカーをお願いしました。

搬送距離は店舗によって違うのですが
今回お借りした松原店では
100kmでした。

超過分は別途レッカー代が
必要になります。

 

修理代はどうなるの?

通常転倒した場合、
壊した部分は
実費で弁償することになります。

今回の損傷具合だと
ざっと見ただけでも
パーツ代だけで
10万円以上は確実です。

 

しかし、
年間会員であるマイガレ倶楽部では
レンタルの度に必ず
オプションの車両保険に
入ることになっています。

これに入っていれば
「免責」つまり車両保険の使用料を
支払えば残りはカバーしてくれます。
※車両ごとに損害上限金額の設定あり

免責金額は
車両クラスごとに分かれていて
P-1~P-2(免責1万円)
P-3(免責5万円)
P-4(免責5万円)
P-5~P-8(免責10万円)

今回お借りしたXSR900は
P-5クラスなので
免責は10万円でした。
(タラレバですがMT-09だったらP-4だったので免責は5万円でした。)

さらに
車両が修理の為に
次の貸出しが出来なくなった場合
営業補償をしなくてはいけません。
程度によって
2万円か5万円かかるのですが、
今回は中損以上なので
5万円支払いました。

詳しくはレンタル819のHPを
ご確認ください。

 

なので、
今回の事故でレンタルバイクバイクにかかった
修理費用、弁済費用は全部で

うーんイタイ出費額だ。

 

足も折れてた

転倒の後すぐに立ち上がり、
バイクをひきおこして
コンビニ駐車場まで走れたので
足が少々痛かったものの
たいしたことはないと
思っていました。

しかし、
家に帰ってみると
右足首はパンパンに腫れ、
やけに痛みます。

一晩氷で冷やしましたが、
念のため翌朝に整骨院へ

 

ここは
友人から紹介してもらった整骨院で、
捻挫や脱臼程度ならその日の内に
痛みを和らげてくれる名医です。

数ヶ所はグイグイっとやって
痛みをとってくれましたが、
どうしても痛みのとれない部分が
あります。

「ここは形がおかしくなっているから、レントゲンとった方が良いかもね」

というワケでその足で
すぐそばにある外科クリニックへ。

レントゲンをとってもらいます。

 

ここのレントゲンの先生が

「へっへっ」

と謎にいちいち笑います。

「じゃあ中入って。へっへっ」

「荷物はカゴに入れて。へっへっ」

「仰向けに寝て。へっへっ」

「腫れてるねぇ。へっへっ」

「もう一枚撮るからね。へっへっ」

・・・不気味です。

そんなこんなで
レントゲンの結果、
折れているらしいのですが
わかりにくい。

 

手術するかどうか判断が難しいので
総合病院へ行くように言われ、
とりあえずの固定と松葉杖を装備

 

シャリーで来ちゃったよ・・・
まぁなんとか運転できたけど。

カブの遠心クラッチエンジンは
元々出前などで片手運転を目的に
つくられたものだしね。

 

紹介状を持って今度は総合病院へ

 

ここでもレントゲン。
これはわかりやすい。
右足内側のくるぶしが折れてます。

ただ手術すると、
余計に時間がかかるようです

 

ギプスまかれて、
今年のゴールデンウィーク後半は
バイクでどこへもいけません。
(+_+)

 

ウチのコたちは
キックスタートだから

エンジンすらかけれねぇ・・・

 

と、いうワケで
バイクの運転には気をつけて
事故のないようにしましょう。

それにしても、
骨折した足より
ズルムケになった
尻の方が痛いです。

 

最後まで読んで頂き、
ありがとうございます。

Follow me!

乗り物

Posted by Georgeman